本当は怖い憲法改正の話(その2)   

2016年 05月 12日
 本当は怖い憲法改正の話(その1)の続きです

かなり長いのですが、この先の日本や子供たちの将来に関わる話ですので頑張って読んでください。

2013年、副総理の麻生太郎氏が言った言葉を覚えてますか?

「ドイツのワイマール憲法は、いつの間にか代わっていた。
ナチス憲法に代わっていたんですよ。
誰も気がつかない間に代わってた。
あの手口を学んだらどうかね・・・」
と言ったのです。

これは恐ろしい発言でした。
政権の首脳にこんな考えの人間がいたとは驚きました。

安倍総理が演説でよく言う「この道しかない」という文言があります。
この言い方は、ヒトラーが演説の中で「この道以外ない」と言っていたのとまったく同じ言い回しですね。
安倍さんに演説の仕方をレクチャーしている人がいるそうですが、おそらくヒトラーの演説の仕方を研究しているのでしょうね。

ヒトラーは演説で聴衆を操ることに成功しました。
ヒトラーの腹心だったヘルマン・ゲーリングは戦後に戦犯として捉えられていた時に次のように話しました。
「国民は指導者の意のままになる。
それは簡単なことで、自分たちが外国から攻撃されていると説明するだけでいい。
平和主義者に対しては、愛国心がなく国家を危険にさらす人々だと批判すればいいだけのことだ。
この方法は、どこの国でも同じように通用する」
と・・・

昨年、政府は憲法解釈の変更という前代未聞の手段で安保法案を成立させました。
まるで中国がすぐにでも尖閣諸島を占領しに来るかのようなニュアンスで国民に訴えかけて、その成立を正当化しました。
これは、ナチスが「自分たちが外国から攻撃されていると説明するだけでいい」と言った手法に当てはまります。

ワイマール憲法の下でナチスが悪用し乱発した「緊急命令発布権」と、自民党が憲法改正の中で提案している「緊急事態条項」とは非常によく似た条項です。

つくづく思うのですが、最近の自民党は本当に変わってしまったと思います。
昨年の秘密保護法の制定しかり、高市早苗総務大臣の「放送局が政治的な公平性を欠く放送法違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性もある」という発言しかり・・・

現在は政界を引退されている元自民党の重鎮達は、子供の頃に戦争を経験しておられます。
実は、そのほとんどの方たちが護憲派でもあるのです。
政府が安保法案を通そうとした時には、「じじぃだけど黙ってられない!」と今の政府の方針には大反対を表明されました。

秘密保護法の中身自体が秘密なので、マスコミに対してどういう締めつけが行われているのかもよく分からないのですが、この4月からの番組改編で、護憲派のテレビ朝日の報道ステーションの古舘伊知郎キャスター、TBSのニュース23の膳場貴子キャスターおよび岸井成格アンカー、そしてNHKクローズアップ現代の国谷裕子キャスターが降板しました。
この方たちは、もしかしたら政府の意向で番組を降ろされたのかもしれません?

3年前の麻生副首相によるナチス発言の時には冗談だろうと思っていたのですが、安倍総理をはじめ政府首脳は独裁政権を本気で実現を目指しているのかもしれません。
麻生さんは正直な方ですので、本当は政府首脳の腹の中におさめておかなくてはいけない事をリップサービスでポロっと漏らしちゃったのかもしれません。

憲法96条では、憲法改正の要件として、衆参各院で総議員の3分の2以上の賛成で発議し、国民投票で過半数が賛成することと定めています。
ですから国会で発議されたとしても、国民投票で過半数を得なければ憲法は改正されません。
最新のNHKの世論調査でも、憲法改正に反対する人が31%、賛成する人が27%と反対が賛成を上回ってます。
ですので憲法改正はよもやされないとは思うのですが、安倍総理は自身の在任中になんとしても成し遂げるつもりのようです。

d0231858_224976.jpg

この画像は誰かが作成したパロディーです。
以前、国会で安倍総理は自衛隊のことを「我が軍は・・・」と失言しました。
でも、安倍さん自身は今後自衛隊を国防軍に格上げするつもりだそうです。
この画像のヒゲは冗談としても、安倍さんの本当の望みは自身が軍服を着て国防軍を指揮する事なのかもしれません。

by k2hair | 2016-05-12 07:01 | コラム | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/23137527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Snow at 2016-05-12 15:29 x
野坂昭如さんの遺言?の中に「戦前がヒタヒタと迫っている」との言葉がありましたが、まさしくその通りだと思います。
先生の引用されているゲーリングの言葉通り、外からの脅威を強調することにより、世の空気がに戦前のようになりつつあります。
Facebookにアップされている記事にも、そのようなものが増えてきています。
この流れがどんどん加速していくのが目に見えるようで、大変怖い今日この頃です。
Commented by k2hair at 2016-05-12 17:40
長文読んでいただきありがとうございます。
自民党のポスターに「日本を取り戻す。」とありますが、安倍さんが本当に取り戻したいのは、戦前の日本なのかもしれません。