幼少稽古   

2015年 09月 13日
一昨日の稽古で、幼児を含む小学校低学年の基本稽古の指導を担当しました。
今まで、ちょこっとだけ教えたことはあるのですが、ガッツリ教えたのは初めてです。

防具を付ける前の子達の基本稽古の指導はずいぶん前はよく担当していましたが、小学校1年生以上でした。
最近、道場に幼児が大勢入団してきてにぎやかになりました。
この前の金曜日は、たまたま稽古に来ることができる指導者が少なかったので、私が小さい子の指導に挑戦してみました。

幼児は1つのことに集中し続けることが難しいので、おんなじ事ばかりやるとすぐにあきちゃうようです。
話をちゃんと聞かすのも難しいですね。
体育館の半面ではママさんバレーの練習をされているので、こちらの話を聞いていないな~と思ったら、バレーの方を見ています。

剣道の構えをさせても、右手と左手の位置が逆だったり、足の位置も逆だったりと大変な指導になりました。
稽古の途中で泣けてきている子がいて、もしかして私の指導が怖いのかと思ったら、気持ち悪くてお腹が痛かったそうです。

教える私もめっちゃ大きな声を出し続けなくてはいけないので、それほど激しく動いていなくても汗ビッショリになりました。
なんとか最後まで子供たちもモチベーションを保ち続けてくれていました。

来月の体育の日に、市のスポ少の大会があって基本の部の試合があるのですが、試合に出られるようにまで持っていけるか悩ましいところですね。

いつも小さい子を担当している女性の指導者の先生の大変さが、よ~~~く判りました。

by k2hair | 2015-09-13 07:50 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/22162697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。