ラストサンサイ   

2015年 05月 27日
4月から始まった山菜の季節ですが、先日山菜の採り納めをしてきました。
そのラストサンサイとはネマガリダケです。
d0231858_15101925.jpg

写真の真ん中にあるのがネマガリダケです。
左の奥にもエエ感じの物が生えています。
こいつをポキッと根元から折って採取します。

北陸ではススダケと言うそうです。
東北では姫竹だったかな?
ネマガリダケは、クマ笹のタケノコなんですよ。
北海道では我々が知っているタケノコは採れずに、ネマガリダケの事をタケノコと言うらしい・・・

ネマガリダケは、背丈ほどに成長したクマ笹でないと大きくならないのですよ。
私の山の経験だと、雪が恐ろしく積もる場所ほどクマ笹が大きく育つようです。
滋賀県の比良山系の山でもクマ笹がありますが、2m以上の雪は積もらないのでクマ笹は背丈以上には成長しません。
もっともっと雪がドッサリ積もる山でこそネマガリダケが採れるのだと考えております。

ネマガリダケは我々人間さんも食べるのですが、熊さんも大好物のようです。
笹ヤブにもぐってネマガリダケを採っていると何かがネマガリダケをかじったようなあとを目にします。
きっと熊さんがかじったのでしょうね。
この前も笹の中でしゃがんでネマガリダケをとっていたら、フレッシュな熊さんのウ〇コを発見しました。
ラジオをフルボリュームで鳴らして、熊よけの鈴を腰に付けてはいるのですが、ちょっとビビったのでネマガリダケを採るのを途中で止めました。

ネマガリダケは、大きいものが採れたらむかずに笹ごとオーブントースターで蒸し焼きにして、味噌をつけて食べるのが美味しいのですが、大物はこの辺ではなかなかお目にかかれません・・・
やはり北陸や東北に行かないとアカンのでしょうか?

大きくないネマガリダケは、笹をむきます。
笹を剥いたら食べられる部分は意外と少なく、ほんのちょっとです。
カッターナイフで切り込みを入れて笹をむくのですが、これがけっこう大変なんですよ。

むいたらこんな感じ
d0231858_1963574.jpg

きれいなグリーンです。

我が家では、シーチキンを入れたおつゆにします。
ちょっと片栗粉を入れてトロミをつけていただきます。
タケノコの仲間ですので煮物や炒め物でもイケます。

まだ来週でもネマガリダケは採れるのですが、イベントで遠出するので行けません。
私の今年の山菜採りは終了しました。
来年の春がやってくると、また狩人の血が騒ぎ出すのでしょう(笑)

by k2hair | 2015-05-27 05:33 | 山菜 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/21829945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケン太 at 2015-05-27 20:20 x
昨年の夏に裏剣を歩いてきた時に仙人池ヒュッテに泊まりました。その夕食に採りたてのネマガリダケをいただきました。
酢味噌でいただきましたがおいしかったです。山菜はいいですネ。
Commented by k2hair at 2015-05-28 06:46
仙人池あたりでもネマガリダケが採れるのですね。
山に登って手ぶらで帰るよりもお土産付きですから(笑)
でもね、山菜ってけっこう処理が大変なんですよ(>︿<。)