雪の綿向山(その2)   

2014年 01月 22日
前回からの続きです。
前回の記事は→雪の綿向山(その1)

五合目の避難小屋を過ぎ、六合目を過ぎたあたりから、杉林に代わって雑木の霧氷が現れました。
d0231858_1941288.jpg


「行者コバ」という七合目に着きました。
ここには祠があります
d0231858_1963188.jpg


この先、夏道と別れます
d0231858_19101088.jpg


左の冬季ルートに入ります
ここからアイゼンを装着した方がいいです。
d0231858_1911710.jpg


見た目よりもかなり急です。
私はアイゼンを装着しなかったので、ずり落ちそうになりながら登りました。
d0231858_1913133.jpg


通称「エビのしっぽ」という霧氷が枝にびっしり付いています
d0231858_19152769.jpg


青空に霧氷が映えます
d0231858_19171735.jpg


標高1110mの綿向山の山頂に到着!
d0231858_19191650.jpg


山頂にある青年の塔
寒い時は風よけにもなります。
d0231858_19202911.jpg


東側に鈴鹿山脈第2の高峰の雨乞岳と右に鈴鹿のマッターホルンと呼ばれる尖った鎌ヶ岳が見えます。
d0231858_1924236.jpg


満開の桜のように見えますが、霧氷の花です
d0231858_21212058.jpg


綿向山のシンボルツリー?
d0231858_21222388.jpg


パトロールの方に聞くと、山頂で80㎝ぐらいは積もっているだろうと、おっしゃっていました。

下りは、軽アイゼンを装着しました。
遠回りして竜王山を経由するルートに回ろうと思ったのですが・・・
d0231858_21265129.jpg


しかし、前日のドカ雪で全く踏み跡のトレースがありません
d0231858_21275721.jpg

しばらく下りると大きな雪庇も現れてきました。
先週このルートで遭難騒ぎがあったと聞いたので、危険を感じもと来た道を戻りました。

下山後綿向山を振り返ると青空は消え去り、すっかり曇ってきていました。
晴れ男で良かった~!
d0231858_21401439.jpg


降雪期の綿向山は霧氷ウォッチングで最近有名で、平日にもかかわらず10名ほどの登山者と出会いました。
土日は早く着かないと駐車場がいっぱいになるぐらいだそうです。
素晴らしい霧氷と、束の間の良い天気に恵まれて、ラッキーな山行でした。

by k2hair | 2014-01-22 06:53 | | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/20261628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケン太 at 2014-01-24 20:36 x
お天気に恵まれ素晴らしい山行でしたね。
見事な霧氷と雪原、積雪80cmですか~。
これから標識の半分が埋まるほど積もりますよね。
竜王山経由してみたいですねー。
Commented by k2hair at 2014-01-25 07:17
ケン太さん、竜王山分岐からはトレースがまったくなく、ツボ足ではひざぐらいまでもぐる積雪でした。
イハイガ岳方面も展望が良さそうで行きたかったのですが、痩せ尾根の雪庇におじけづいて引き返しました。
竜王山は無雪期にも行ったことがないのと、地形図も持たずに行ったのであの雪の状態ではやめて正解だったかも・・・
いつかリベンジしたみたいです。