剣道作文発表会   

2013年 10月 31日
火曜日の少年剣道の後半は、剣道の作文発表会がありました。
全日本道場連盟に加盟している道場では、剣道の全国大会と同様に作文の全国大会もあるのです。
優勝した作文は夏の武道館での剣道の全国大会の日に作文が発表されます。
各都道府県でそれぞれ予選会があり、滋賀県の予選に出品された6作品の作文が発表されました。

発表したのは小学校2年生・4年生・6年生・中学校1年生・2年生・3年生です。
どの作文も素晴らしい内容で、感心しながら聞いておりました。

小学校2年生の子は、私が指導を担当しています。
稽古を始めたばかりの頃はよく泣いてばかりいました。
作文は、その子が、剣道をやめようか悩みながらもやめずに頑張っていくことを書いた作文でした。
作文を聞いていて、この子なりに悩んでいたのだな~と考えさせられました。

県の予選に出場する作品は、みんなの前で作文を暗記して発表しなくてはいけません。
最後に発表された2作品は県の大会にでるので、作文を見ずに発表していました。
2人とも話し方に抑揚をつけて上手に発表していてさすがだな~と思いました。

私も小学校の時に、作文コンクールに出たことがあるのですが、緊張して口から心臓が飛び出しそうになったのを思い出します。
その時は奨励賞をいただいたのですが、緊張しすぎて、練習していた時よりもずいぶん早く終わっちゃって、自分としてはなさけない発表でした。

県の予選会に出る2人の子はとても上手だし、もっと練習して磨きをかければ、夏の日本武道館の全国大会で発表するのも決して夢ではないと感じました。
       ガンバレ~! 

by k2hair | 2013-10-31 07:21 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/19900160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。