「あまちゃん」おしまい   

2013年 09月 29日
朝ドラ「あまちゃん」が終わりました。
d0231858_771837.png

振り返ってみると、アッという間の半年間でした。
天真爛漫という言葉がピッタリな天野アキ役の能年玲奈ちゃん、ほんとに可愛かったですね~。
いまや、国民的アイドルです。
もう、「あまちゃん」には会えないかと思うと淋しい気がしますが、何やら意味深な終わり方で、私は「ちゅらさん」の時のように続編があるような気がします。
たしか、「ちゅらさん」は4シリーズまでありましたね。
アキと種市先輩との仲もまだ中途半端なままだし・・・

「あまちゃん」を見終わった私自身の1番の収穫は、先日のブログでも伝えたのですが、今までになかったおばちゃんキャラの薬師丸ひろ子さんを見ることができた事です。
「あまちゃん」の最終週、被災地応援のために薬師丸ひろ子演じる鈴鹿ひろ美が歌った「潮騒のメロディー」には、驚きました!
d0231858_19531817.jpg

鈴鹿ひろ美は、デビュー当初女優1本で勝負したいと思っていたのに、事務所の戦略で歌手も兼業させられる羽目になるのを阻止するために音痴のふりをずっとしていたのです。
そのことを誰にも(夫の太巻にさえ)告げずにずっと封印していました。
そして被災地の復興応援のためのチャリティコンサートで初めて人前で歌った彼女の歌は素晴らしかった。
音痴だと思い込んでいた夫の太巻でさえ、感動して涙するほどのしっとりとした透明感のある歌声でした。
みんなをハラハラさせておいて、大どんでん返しを演出した宮藤官九郎の見事な脚本でした。
実はこのシーン、あらかじめの録音ではなく、その場で実際に薬師丸さんが歌い、その場でバックバンドが演奏する本当のライブ演奏だったそうです。
どうしてもライブで歌いたいという薬師丸さんの、ドラマにかけるこだわりだったそうです。
d0231858_1954260.jpg



このドラマで、他に私が印象に残ったのは、東京出身の片桐はいり演じる安部ちゃんの完ぺきなまでの田舎者っぽさ。
d0231858_17252399.jpg


敏腕プロデューサーの太巻を演じる古田新太の「生まれたての鹿のような足づかい」のアドリブも面白かった。
本番中にも関わらず、これには薬師丸ひろ子もたまらず爆笑!!
d0231858_1729420.jpg


漁協の事務員の花巻珠子(伊勢志摩)がクイーンのフレディー・マーキュリーのパフォーマンスをした後「わかる奴だけわかればいい」とつぶやくシーン。
ピリリと脚本の宮藤官九郎流のギャグが散りばめられています。
d0231858_17261010.jpg


「あまちゃん」のドラマで東日本大震災をむかえたのですが、その前に夏ばっぱやユイが津波で亡くなるかもしれないという噂があったのですが、結局ドラマの登場人物は誰も亡くならずに復興に向かってみんな明るく頑張るという希望にあふれたエンディングでした。

「あまちゃん」の最終回でもしかしたらアキとユイの「潮騒のメモリーズ」が紅白歌合戦に出場するかもという噂があったのですが、結局はお座敷列車での登場で終わりました。
でも、ドラマではなく大晦日の紅白に、アキとユイか、それとも天野春子か、それとも鈴鹿ひろ美がホンマに出場しちゃったりして・・・

昔の最初の北三陸鉄道の開通式の日、家出をする春子にホームで突き飛ばされた若き日の大向大吉を演じていた東出昌大君は、次の朝ドラ「ごちそうさん」のヒロイン杏の相手役になります。
朝ドラに2作続けて出演するなんて事、今まであったのですかね?
東出昌大くんは「ごちそうさん」では大阪出身の東大生を演じるようです。
こちらも楽しみですね。

by k2hair | 2013-09-29 07:22 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/19734547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。