帰ってきたジョー   

2013年 08月 27日
大河ドラマ「八重の桜」が面白くなってきました。
これまでも時々は見ていたのですが、戦争などの殺し合いの場面が多く、暗い場面が多かったですね。

今回、この男がアメリカから帰ってきてドラマが「パッ!」と明るくなりました。
d0231858_1814334.jpg

オダギリジョー演じる新島襄です。
左の眉のところに傷があります。

なにしろアメリカ帰りですから喜びの表現もアメリカ仕込み。
キリスト教系の大学を京都に作りたいと八重の兄の覚馬に相談し、協力してくれることがわかると覚馬を抱きしめて喜びを表現します。
d0231858_18161481.jpg

これには覚馬も妻の時栄もビックリ!

ところが、覚馬と新島襄は初対面ではなかったのですね。
覚馬が昔、江戸の佐久間象山の所で化学を学んでいた時に出会った、豚の絵の上手な少年こそ、子供の頃の新島七五三太(しめた)少年(後の新島襄)だったのです。
d0231858_18253259.jpg

少年時代にもちゃんと傷がありますね。
こういうところがNHKの演出は細かいですね。

久しぶりに再会した事実に覚馬と襄は運命を感じます。
そして、アメリカ帰りのジョーは八重にプロポーズ。

これから「八重の桜」はますます面白くなりそうですね。

by k2hair | 2013-08-27 07:04 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/19543603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。