「ほっ」と。キャンペーン

酷暑の稽古   

2013年 07月 10日
昨日の少年剣道は、暑かった~。
夜、体育館に入ったとたんにムゥ~とした暖かい空気に包まれていた。
稽古のある八幡西中の体育館は、田んぼの真ん中にあり普段は風通しがいいのですが、昨日の夕方は風が全くなく空気が動いていませんでした。

中学でも暑さで気分が悪くなった生徒が何人か出たそうです。
ということで、昨日の稽古はT先生の指揮で時間をいつもより30分短くして行われました。

私は、幼稚園の年長組の子を指導したのですが、暑さで全然稽古に集中できませんでした。
「最後の面打ちを頑張ったら稽古終わるよ~!」と言ったら、その時だけちゃんとできました。
小さい子の指導の難しさをいつも痛感しております。

全体の稽古は、時間が短い分、きつめの稽古をされました、
小学生の中には、暑さとしんどさとで泣いちゃう子もいたのですが、最後の掛かり稽古は顔を真っ赤にしながらも頑張りぬきました。

暑くて大変だったと思いますが、「こういうしんどい稽古を頑張っておかないと、夏の暑い試合で勝てない」とT先生はおっしゃってました。

剣道では、「冬の厳しい寒さに耐えて、春に花が咲く」「夏の厳しい暑さに耐えて、秋に実がなる」という言葉があります。

まだまだ暑さは始まったばかり、みんなガンバレ~!

by k2hair | 2013-07-10 07:15 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/19234082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。