朝ドラ「純と愛」に不完全燃焼   

2013年 03月 31日
昨日で朝ドラ「純と愛」が終わりました。
このドラマ、マンガみたいな話だと思いつつも最初の方は主人公の純の元気の良さに引き込まれ、面白く見ておりました。
ただ、私がこのドラマを面白く感じたのは「オオサキプラザホテル」で働いていた時までです。
年が開けて1月の放送になってからは、「いつかはおもしろくなるだろうと」思ってじっと我慢の連続でした・・・

しかし、しかしです。
物語、そのまま面白くならないままドラマは終わっちゃいました。
なんすか、あの終わり方・・・
あれじゃあ純が可哀想・・・
いとしの愛くんが、手術のあとついに目を覚まさないままに終わっちまいました。
せめて純がホテル・サザンアイランドを順風満帆に経営している様子をちらっとでも見たかったです。

このドラマの脚本は、遊川和彦氏であの「家政婦のミタ」や「女王の教室」などかなり変わったストーリーの展開を得意とする脚本家です。
いわゆる数字の取れる脚本家という事で、最近視聴率にナーバスになっているNHKとしてはこの脚本家と心中するような気持ちでこの作品を作ったのだと思います。

週刊誌の「女性セブン」によると、脚本家の遊川和彦氏はNHKの演出の人に任せられない性分のようで、しょっちゅうドラマの現場に顔を出しては主演の夏菜に演技指導していたそうです。
夏菜は、遊川氏に演技のダメだしをされて、涙を見せまいとトイレに立てこもった時もあったそうです。
私は、前半の元気いっぱいの夏菜の演技が良かったと思っていたのですが・・・

毎日ドラマの最後に「まほうのくに写真館」という接客の現場で頑張る視聴者の写真を紹介するコーナーがあるのですが、最終回は沖縄県宮古島市の社長の待田純さんの登場でしたね。
d0231858_16719.jpg

これは、「純は今はバリバリ頑張っているよ」という遊川氏からのメッセージだったんでしょうね。

追伸:このドラマのスピンオフドラマ『富士子のかれいな一日』が、4月20日(土)20:00より、NHK BSプレミアムにて放送されます。

主人公はもちろん桐野富士子こと吉田羊さんです。
これは期待できそうですヽ(*^^*)ノ

by k2hair | 2013-03-31 06:22 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/18450299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。