これから面白くなるの? 朝ドラ「純と愛」   

2013年 02月 07日
こういうこと言うのも何なのですが、朝ドラ「純と愛」が、最近面白くない。
オオサキプラザホテルで働いていた去年の放送までは面白かったのですが、オオサキを辞めてからの話が面白くない。

純の心のよりどころだったオジイの作った宮古島のホテルはお父さんが売り払って取り壊されてしまう。
新しい職場の「里や」はいわば大阪の簡易宿泊施設のような旅館?
ここで働いている人たちが余貴美子演じるおかみさん以外は、ネガティブな人ばかりです。
純は、一生懸命奮闘するのですが、空回りばかりでなかなかみんなに伝わらない。
「里や」に泊まっている客は変人ばかりで現実味が全くない。
まあ、もともとこのドラマは漫画みたいな内容で現実離れした物語だということは割り切っていたのですが・・・

原作の脚本を書いている人は、大ヒットドラマ「家政婦のミタ」や「女王の教室」を書いた作者だそうです。
今までの朝ドラの概念を覆すようなドラマであることには間違いない。

「純と愛」も来月いっぱいで終わりで、物語ももうドラマの3分の2以上すぎたのですね。
お母さんは、若年性認知症になり、今週の展開ではお父さんが大変なことになってしまいました。
純とぶつかってばかりで、純の夢の邪魔ばかりしてきた父ですが、さあこれからの展開は面白くなるのでしょうか?

by k2hair | 2013-02-07 08:20 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/17782825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。