「ほっ」と。キャンペーン

熊本県勢七連覇ならず   

2012年 11月 04日
昨日、全日本剣道選手権大会があった。
大阪府警の木和田大起選手が初優勝した。

優勝 木和田大起(大阪府警)
二位 内村良一(警視庁)
三位 高鍋進(神奈川県警)
三位 網代忠勝(兵庫県警)
五位 米屋勇一(埼玉県警)
    朝比奈一生(神奈川県・教員)
    橋本桂一(埼玉県・会社員)
    野田篤史(愛知県警)

実は去年まで、熊本出身の選手が六連覇していたのです。

平成18年 内村良一  警視庁
平成19年 寺本将司  大阪府警
平成20年 正代賢司  神奈川県警
平成21年 内村良一  警視庁
平成22年 高鍋進   神奈川県警
平成23年 高鍋進   神奈川県警

それぞれ所属は違いますが、熊本県出身の選手です。
神奈川県警の高鍋選手は、今回優勝すると前人未到の三連覇だったのですが、準決勝で木和田選手に敗れ三連覇は成し遂げられませんでした。

優勝した木和田選手は三重県の出身です。
木和田選手は決勝でも内村選手に勝ち初優勝を果たしました。
木和田選手は、上背があるのですが面を警戒する相手をうまく引き出し、手元が上がったところの出頭の小手を決めていました。
終盤は足を使って動いて、相手の攻撃をうまく封じていました。
私のようなおやじ剣士には、とても無理ですが、学生で団体戦を戦う方は木和田選手の戦い方は参考になるのではないでしょうか。

優勝はできなかったものの、高鍋選手や内村選手の勝負に対する気魄は、相変わらず凄いですね。
必ず上位に上がってくる安定感はさすがです。

今回五位に入った朝比奈選手は元警察官で、現在は高校の先生です。
同じく五位の埼玉県の橋本選手は、上位に上がった選手の中で唯一の実業団剣士です。
橋本選手は、前回・前々回優勝の高鍋選手に敗れはしたものの、惜しい打ちも何本かありました。

これらの選手の動きなどとても真似できませんが、攻め方などはビデオをじっくり見て勉強させて頂きます。

by k2hair | 2012-11-04 20:13 | 剣道 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/17109018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by k2hair at 2012-11-04 21:02
いわうち先生、すいません間違えてコメント消しちゃいました。
橋本選手、すごいですよね。
あの高鍋選手を相手に回して臆することなく立派に攻めていました。
ほんとに惜しい打ちもあり旗が上がってもおかしくないと思いました。
まさか、娘さんのお知り合いとは・・・