作文発表会   

2012年 10月 27日
昨日の夜の少年剣道は、稽古の時間を30分早めに切り上げて作文の発表会があった。
全日本道場連盟に加盟している道場の作文での全国大会の予選が各県である。
その予選会に参加する作文3点と、予備選考回には出さなかったが内容が良かった作文2点が発表された。

県の予選会では、原稿を見ずに暗記して発表しなくてはいけない。
私も小学校の時に作文発表会に出たことがあるのだが、暗記して発表するのがどれほど大変だったかよく覚えている。
どの作品も立派な作品で、みんないい作文でした。
その中で印象的だったのは、3年生が6人いる中で、1人だけ団体戦のレギュラーになれなかった子の作文だ。
顧問の先生の教えの中で、「剣道即生活、生活即修行」という言葉がある。
試合には出場できなかったが、生活態度の中で自分が今まで教えてきてもらってきた剣道というものを表そうと心に誓ったそうだ。
その子は、大きな試合会場で履物が散乱しているのを見て、率先して整頓し始めた。
おびただしい数の履物を揃えながら、自分ひとりでは無理かもしれないという思いが頭の中をよぎったらしいが、その態度をみて何人かが手伝ってくれるようになり、無事にすべての履物を整頓できたというエピソードを紹介してくれた。
試合に出ることができなくても自分なりの「剣道」を表現しようと思い続けたことに私は感動した。

発表会の後、道場の育成会の方々に先月の昇段のお祝いに防具袋を頂きました。
これから大切に使わせて頂きます、有難うございました。

そのあとは、一般稽古。
昨日はは、7人で短時間の廻り稽古。
仕事で水曜日の市の稽古会に行けなかったので、自分の稽古は一週間ぶり。
う~ん、やっぱり週に2回は稽古しなくては・・・
まだまだ修行が足りません。

by k2hair | 2012-10-27 08:11 | 剣道 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/17062720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。