NHKドラマ「とんび」半分見逃した!   

2012年 10月 09日
昨日は、月曜日でお休みだったのですが、体育の日という事で子供も休みだったのですが、次男はテスト1週間前という事で、出かけることもできずにせっかくの休みなのに家でまったりしておりました。

7(日)・8(月)と2日続けてNHKのドラマの「とんび」が放送されておりました。
このドラマは、モンテカルロ・テレビ祭で、ゴールドニンフ賞(ミニシリーズドラマ部門・最優秀作品賞)を受賞したドラマなのです。
この賞は以前、原田芳雄・尾野真千子の出演であった「火の魚」というドラマも受賞した非常に権威のある賞なのです。

演出は、「龍馬伝」の鈴木圭プロデューサー、梶原登城ディレクターのコンビです。
この物語は、昭和37年から始まります。
同じく昭和30年代の映画の「オールウェイズ」がCGを多用していたのとは対照的に、一切CGを使わずに撮影されたそうです。
本物のオート3輪やスバル360など昔の車がたくさん登場していました。
d0231858_8152042.jpg

まず、前編を見ました。
泣けるシーンが続出でした。
d0231858_843230.jpg

タオルで涙を拭いながら、さあ後編を見ようと思って予約リストをチェックすると、なんと予約ができていない
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
連ドラ予約したつもりができていなかったようだ。
1月に1度見たのだが、続きを見たかった・・・

それにしても主演の堤真一の演技が素晴らしかった。
子役の田中奏生くん、反抗期の時の今井悠貴くんの二人も凄く良かった。
小泉今日子もいい味出していました。
後編は見そびれたけど、大学生以降のアキラ役の池松壮亮君は、「梅ちゃん先生」のヒロシ君役もやってました。

ああ残念、この作品DVDも発売されているのでレンタルしようかな・・・

by k2hair | 2012-10-09 08:04 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/16959378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。