今さらながら「八日目の蝉」にはまる   

2012年 04月 27日
NHKのBSプレミアムで水曜日の午後10時から放送している、「八日目の蝉」にはまっています。
一昨年に放送されていたドラマなのですが、1回目の放送を見逃したので、ドラマのタイトルがちょっと気にはなっていたのですが、見ていませんでした。
その後たまたま見た、ATP賞テレビグランプリ2010で 「八日目の蝉」がグランプリを受賞したのを見て、このドラマを見なかったのを後悔しておりました。

その後、別のキャストで映画化され、去年の日本アカデミー賞で10部門を獲得し、ほとんどの部門の賞を総なめするという快挙でした。

これは見なくてはいけないとますます思っていたところで、BSで再放送されていることを知り、遅ればせながら現在はまっているしだいです。

「八日目の蝉」は、角田光代の最高傑作とされている小説です。
不倫相手の男の子供を身ごもり、堕胎させられた主人公が、その後その男と夫人との間に子供ができたことを知る。
そして、男の家に忍び込みその子をさらって、子供を育てながら各地を転々と逃亡しながら生きていくという小説です。
しかし、育てた娘はやがて主人公と同じように不倫の道へ・・・
あとは、詳しく知らないです、見ていませんので。

ああ、来週の水曜日が待ち遠しい・・・

ドラマ「八日目の蝉」は、NHKBSプレミアム午後10:00から、あと2回あります。

by k2hair | 2012-04-27 07:58 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/15782858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。