性格俳優 塚本晋也   

2012年 02月 05日
塚本晋也さんは、朝ドラ「カーネーション」で、主人公糸子の長女、優子が心酔する東京の洋裁専門学校の教師役で登場しました。
デザインの事を語りだすと時間が経つのも忘れ、気が付くと夜が明けてしまっていたという熱くて超変わった教師の役を演じています。

d0231858_7403987.jpg


この方、本来は映画監督で、俳優もやるという二足のわらじを上手に使い分けています。
監督作品の方はよく知らないのですが、俳優としてはいくつか見ております。

不朽の名作、2003年のNHKの時代劇「蝉しぐれ」では、主人公(内野聖陽)の命を狙う刺客の剣術道場の師範代の役を演じていました。
普段は好人物のようだが、実は恐ろしい刺客で、この人物のために主人公は、危うく命を落とす所でした。

また、2008年のNHK土曜ドラマ「フルスイング」では、自分の英語に自身のない英語教師の役を演じています。
帰国子女の生徒に英語で毎回質問され、それが原因で登校拒否に陥ってしまうというデリケートな人物の役でした。

この二役はまったく違う性格の人物で、塚本さんはそれぞれ違和感なく演じ分けています。

「蝉しぐれ」も「フルスイング」もその年の代表的な名作でした。
塚本晋也さん、非常に存在感のある俳優さんです。

by k2hair | 2012-02-05 07:41 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/15380890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。