土曜ドラマスペシャル「神様の女房」   

2011年 10月 03日
10月になって、新しいドラマが次々に始まりましたね。

先日のNHKの土曜ドラマスペシャル「神様の女房」見られましたか?
これ、文句なしに面白いです。
経営の神様といわれた松下幸之助の奥さんの「むめの」を主人公としたドラマです。
原作「神様の女房」の作者は、長年にわたり松下家の執事を勤めていた髙橋誠之助さん。
ですから、ほぼ実話に基づいたドラマなのでしょう。
主人公の松下むめのには常盤貴子、神様松下幸之助の役は筒井道隆。
むめのの父親役の津川雅彦の存在感は圧巻です。
このドラマ、3回で終わるのですが、3回で終わってしまうのがもったいないぐらい・・・
大正時代の話ということで、撮影は京都の太秦映画村のセットで撮られています。
大正時代の背景も見物です。

ドラマを見て思ったのですが、松下幸之助のいう人はむめのという奥さんを貰わなかったら、ただの陰気くさいおっさんになっていただけで、松下電器という日本を代表する大会社の社長にはなってはいなかっただろうと思います。
むめのは、裕福な家庭に育ったにもかかわらず、家・財産・学問もない一文無しに近い松下幸之助と結婚する。
むめのは、働き者で掃除・洗濯が大好き。
安い幸之助の給料をやりくりし、足りないと思うと夫に内緒で内職をし、それを元手に夫の独立を後押しします。
まだ第1回が終わった所ですが、今後物語はどんどん成功を収めていく場面になるのでしょう。
次回が楽しみです。

追伸: 第1回を見逃した方のために再放送があります。
       10月8日(土) 16:00~17:13

 ぜひ、見てください。

by k2hair | 2011-10-03 15:53 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/14684543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。