ケイコちゃんの初恋実る 「おひさま」   

2011年 09月 24日
朝ドラ「おひさま」で、陽子が国民学校の教師だった頃の初めての教え子だった、ケイコちゃんと圭介君が、結婚披露宴を挙げました。

父親を戦争で亡くした二人は、結婚式は挙げないで親戚同士の顔合わせで済ますと言いました。
陽子たちは、丸山家の蕎麦屋「百白花」で手作りの披露宴を二人に内緒で開きます。
2階にいるケイコに、これを着て下に下りてきてと伝言があります。
箱に入ったその中身は、ケイコが憧れていた西洋人の花嫁が結婚式の時にかぶるベールでした。
そのベールは、裁縫の苦手な陽子が、女学校時代の望月先生に教わって苦労して作ったものでした。
ケイコがベールを被り圭介と二人で1階に降りてみると、そこには国民学校の同級生が二人を祝福するために集まっていました。
二人が予期しなかった披露宴は、同時に同窓会にもなりました。

国民学校時代のケイコちゃんは、父親を戦争で亡くし母親も病気がちで貧しかったのです。
家でまともに食事を摂っていなかったケイコは、みんなの目を盗んでヒロシ君のお弁当を盗み食いします。
それをたまたま圭介君に見られてしまう。
あとで教室でヒロシ君のお弁当がなくなったと大騒ぎになります。
その時、圭介君が「自分が食べました、ごめんなさい。」とヒロシ君に謝りました。
後で、ケイコちゃんが圭介くんにそのことで謝ると圭介君がケイコに言いました。
「おめ~、腹へって夢でもみてたんでないか~。食ったのは俺だよ。そのことはもう忘れろ」と。
その時、ケイコちゃんは圭介くんを尊敬しました。
それから、尊敬は愛情になっていき、ケイコちゃんはその時から圭介君のことがず~と好きだったと親友のヒロコに言いました。

ケイコちゃんの初恋は実ったのでした。めでたし、めでたし。

by k2hair | 2011-09-24 07:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/14621625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。