つながった首 朝ドラ「おひさま」   

2011年 07月 02日
戦争が終わり、国民学校の戦時中の教育を糾弾するために、進駐軍が陽子たちの学校にもやって来た。
陽子の女学校時代の恩師オクトパス先生こと飯田先生を通訳に伴って。
進駐軍の将校は、尋常小学校が国民学校となって以降に赴任した教師が軍事教育の元凶と決めつける。
その教師とは陽子だった。
進駐軍の将校が陽子に詰め寄った時、通訳の飯田先生が必死に訴える。
陽子が彼のかつての教え子だった事、そして英語とアメリカを愛する優秀な生徒だったことを信じてほしいと・・・
そして陽子の首は辛くもつながった。

私は、陽子が羨ましい。
憧れていた小学校時代の自身の担任の先生が同僚であること、そして恩師と言える飯田先生がいるという事が・・・
陽子はいつも全力で精一杯生きてきたからこそ恩師に恵まれたのだろう。

オクトパス先生は、やがて教職に復帰するのだろう。
やはり彼には教壇がふさわしい。
d0231858_7472328.jpg

by k2hair | 2011-07-02 07:50 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://k2hair.exblog.jp/tb/13950403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。